« 宇和島市遊子友達づくりの旅☆報告① | トップページ | 大切にしたいこと »

2011年8月 7日 (日)

宇和島市遊子友達づくりの旅☆報告②

前回に続く、遊子の旅の報告第二弾ですhappy01

午前中に体験をさせていただた方々含め、地元で働く20代後半から30代半ばの男性たちと、一緒にランチを取りました。

「だんだん茶屋」に場所を移し、地元で採れた新鮮な魚中心の料理に舌鼓ですdelicious

私の記憶の中では、初めて生のアジを食べましたshine
どうしても臭みなどが気になりそうで敬遠してましたが、地元の採れたてのと思うと、その新鮮さを味わってみたかったのですhappy01それが、まったく臭みがなくて、甘みすら感じましたshineすごく美味しかったですhappy01
他にも、鯛の唐揚げを揚げて絡めたものや、天ぷらにお吸い物。段々畑で採れたホクホクのじゃがいもshine
写真を撮り忘れましたが、地産地消の美味しい膳でしたnote

男性の皆さんは、物静かで穏やかですが、内には熱い想いをどこかに秘めているような印象でした。
噂にも聞いた、南予の人たちの人柄の良さを感じられました。
楽しく雑談をしながらも、結婚観や好きなタイプの女性など、角田さんは率先して聞き出していましたsmile
仕事が忙しく、なかなか出会える機会がないのが現状ですね。
結婚はしたいけど。。。なかなか難しい状況があることを、ちょっと垣間見たのでした。


ランチの後、遊子で採れた真珠を使ったアクセサリー作り体験をしました。
教えてくださったのは、地元の廣瀬さんです。地区によって、廣瀬さんという姓の方が多いと言ってましたが、その日3人目の廣瀬さんでしたhappy01
遊子に来て30年とおしゃっていました。景色が変わり、産業が移ろってきた流れを体験されています。
私たちの母という雰囲気で、優しく楽しく教えて下さいましたhappy01
2種類とも先生の作品ですよshine美しい。。heart01
Photo_14
遊子は特に上質な真珠が出来るんだそうです。持ってきて下さった真珠はどれもが粒が大きいと、ガイド役の大塚さんが教えてくれ、皆も喜んでいましたshine

そして、初めて体験したアクセサリー作り。
組み合わせをどうしよう、こんなのもありかな、とそれぞれが楽しんでちょっと苦戦し、オリジナリティ溢れるものが出来ましたnote
Photo_15

私の作品ですhappy01
先生は、素敵なデザインだねって褒めてくれましたよsmile嬉しいなあ。。heart01
Photo_16

そして最後に、段々畑に行きました。
頂上まで大塚さんが車で連れて行ってくれ、そこから段々畑を下まで降りてみました。
気がつくと青空が拡がっています。
かなりの傾斜の段々畑と、素晴らしく爽快な景色ですね~shine
Photo_17

Photo_18
一晩だけロウソクの灯りでともす、夕涼み会がもうすぐ開催されるそうですよ。
更に幻想的な風景が、浮かびそうですねconfident

まるでおばあちゃんちで夏休みを過ごす子供時代に戻ったかのような、大人の夏休みという日でした。


宇和島の皆さんの、温かなもてなしの心に触れられた、楽しくて感動体験満載の、贅沢なツアーでしたnote
またいつか、こんな素敵なツアーがあるといいですね。
多くの女性達に紹介したくなる体験でしたnote
漁業の現場を見て、勝手なイメージを払拭したような気もします。地域に根ざした仕事がある、ただそれだけの、でも素晴らしい仕事なんだと実感しました。

大塚さんを初め、関係者の方々には大変お世話になりありがとうございましたconfident
またお会いできる日があることを私たちは願って、帰路松山へまた車を走らせたのでしたshine

|

« 宇和島市遊子友達づくりの旅☆報告① | トップページ | 大切にしたいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309480/41117573

この記事へのトラックバック一覧です: 宇和島市遊子友達づくりの旅☆報告②:

« 宇和島市遊子友達づくりの旅☆報告① | トップページ | 大切にしたいこと »