« 衣サイクル研究会様☆カラー講座vol.3 | トップページ | 色彩教室@わかくさ珈琲vol.4 募集終了です☆ »

2011年2月24日 (木)

ヴェネチアみたい

郊外電車の三津駅から、海岸にほど近いピコア21内にある「衣サイクル研究会」さんに向かう途中、私はいつも歩いて行く。

メインストリートの商店街から、1、2本並行してある道を、左に折れたりしながら蛇行して歩く。

まっすぐではないけど、碁盤の目のように、どことなく規則的な道。

建物と建物の間、細い路地裏を歩いて行く。

どこからともなく響いてくる住人の声や気配、由緒ある醤油の醸造会社、主がいないのか朽ち果てそうな建物、家主を探す空家。。どこか寂しげな街の様子なんだけど、木造の建物が多いので味わいがあるなあと思いながら、歩いている。

道が歪んで、建物も歪んでいるように見える街の中を歩いていると、どこか見ず知らずの土地に漂着したような気持にもなるけど、なぜか、それも楽しい。


ずっと前に、ミラノに留学していた友達を訪ねて、一人イタリアに向かったことがあった。
彼女が授業に出ている間、私はユーロスターに乗って、一人ヴェネチアに行ったことを想い出した。
一応地図は持って歩くのだけど、歩いているうちに、地図を見るのが面倒に思えて、カバンにしまった。
迷宮のヴェネチアなのだから、いっそ迷ってみようか。。そんな気持ちになって気の向くまま気の向く方へ歩いた。

観光客はもちろん多い。でも、一本裏には地元の住人しか歩かないようなひっそりとした道があったりする。
この対比がすごく面白いなあと思って、歩いてみようと歩きだす。
すると、運河に出くわして、何か得した気分になった。

私の中で三津は、松山の陸のヴェネチア。
いろんな路地に顔を出したら、何か発見があるかな。
どこか時代に取り残されたような感じがする三津だけど、かつての賑わいがどこからか聞こえてきそうな不思議なまち。


|

« 衣サイクル研究会様☆カラー講座vol.3 | トップページ | 色彩教室@わかくさ珈琲vol.4 募集終了です☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309480/39002077

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネチアみたい:

« 衣サイクル研究会様☆カラー講座vol.3 | トップページ | 色彩教室@わかくさ珈琲vol.4 募集終了です☆ »