« 白いシャツ | トップページ | ソコトラ島の不思議 »

2010年12月19日 (日)

ユーミンの歌の色彩

傷心の女心を歌ったようなユーミンの「晩夏」が結構好きですconfidentshine


穏やかなメロディーが、心に沁みるのですが、歌詞もまたいいのです。

特に好きなのは、夕方の時間の色彩の移ろいを歌った部分。


空色は水色に
茜は紅に
やがてくる寂しい季節が
恋人なの


藍色は群青に
薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに
輝きだす


情景が浮かんでくる、繊細な表現だなと思って気に入っています。

初冬の夕景には、どんな色彩が溢れているでしょうshine

|

« 白いシャツ | トップページ | ソコトラ島の不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309480/38135519

この記事へのトラックバック一覧です: ユーミンの歌の色彩:

« 白いシャツ | トップページ | ソコトラ島の不思議 »