« 紡ぐ | トップページ | 1日体験カルチャー教室☆ »

2010年10月 1日 (金)

呼吸する和紙の魅力

えひめイズムで開催されていた、内子町の和紙工房「wazm」さんの展示会に行ってみました。

夏に初めて作品に出逢って以来、久しぶりに実物を拝見して、やっぱり素敵だなあと思いました。


内子の美しい自然からインスピレーションを受けるというその作品は、風がそよぐように繊細で、どこにもないようなオリジナリティも感じます。

面白いのは、その和紙は「呼吸する」のだそうです。様々な試行錯誤の開発を経て完成された、人と空間にも優しい作品です。

和紙の優しい”白”は、質感とともに空間を柔和な印象に作り上げてくれます。
モビールを天井からぶら下げて置くのもいいですね。
そこへ、アロマオイルで香り付けすると、自然な心地良い香りが微かな風によって、空間に運ばれそうです。


私もいつか、素敵なオリジナル作品を購入したいと思っています。

とても素敵な作品でしたshine

|

« 紡ぐ | トップページ | 1日体験カルチャー教室☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309480/37027100

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸する和紙の魅力:

« 紡ぐ | トップページ | 1日体験カルチャー教室☆ »