« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

1日体験カルチャー教室でした♪

砥部町文化会館で行われた「1日体験カルチャー教室に」、Aprireも出させて頂きましたhappy01

事前に申し込みをしてくれた方と、当日に来てくれた方の女性3名と、和やかに場が盛り上がりました。

Aprireの行っている講座の説明と、その講座をして頂くことで皆さんにどんな変化が起こるのか、そんなお話もさせて頂きました。

そしてたぶん、一番楽しみにしていてくれたと思う、プチ診断体験と似合う色のワンポイントメイクshine

お一人は、美容部員の方に「典型的なブルーベースね」と言われ続けていたそうですが、今日の体験では、もしや違うかも!となりましたflair

飲食関係にお勤めの方は、「いつも黒ばかり」だそうですが、今日の体験では深みのある秋の色が似合う傾向がわかりました。オレンジベースの口紅を付けてみたら、顔色がグッと明るくなりましたnote

もうひと方は、とても積極的に質問をして下さって、楽しかったですnoteやはりオレンジベースの少し赤みの強い色を軽く付けて、普段使いの色みを確認しましたflair


人それぞれに似合う色の傾向があって、その人の持って生まれた個性を惹きたててくれます。
顔色が良く見える、健康的、若々しい。。。よい言葉を並べるとまだまだありますが、どうせ着るのであれば、相手の方に良い印象を与える色の方が、何かと得なのですsign03

いいことをいっぱい引きつけるあなたらしい似合う色を見つけて、活き活きと毎日を過ごしていただきたいheart04
それがAprireの究極の願いですhappy01


ご参加いただいたみなさん、今日は足元の悪い中でしたが来ていただいてありがとうございましたconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

1日体験カルチャー教室@砥部町文化会館

以前にもお知らせしましたが、前日なのでもう一度happy01flair

ふと思い立ったり、明日突然立ち寄ってもらってもOKですnote

Aprireの「パーソナルカラー講座」の体験教室を開催しますので、興味があってお時間のある方は、お気軽にご参加くださいねnote

プチ診断と、似合う色でポイントメイクをする、ということを中心に、パーソナルカラーの魅力を体験していただこうと思いますwink


砥部町文化会館「1日体験カルチャー教室」
●日時  10月31日(日) 10:00~12:00
●場所  砥部町文化会館 2F 会議室1 A面
●体験参加費 2,000円
●申し込み&お問い合わせ  砥部町文化会館窓口 
                   089(962)7000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

こんな偶然☆

本屋さんで、たまたま手に取ってページをめくっていたファッション雑誌。

今秋はトレンチコートが注目されている、と特集ページへ辿り着いて、プレスやPRの仕事をしている一般の女性が紹介されていました。

と、最後を見ると、なんと東京の友達が紹介されていたのですsign03

とってもビックリしてしまいましたwobbly

彼女の美的センスは友達の間でも注目の的でしたshine
だから、雑誌に載るのは必然だと思えますlovely

数ある雑誌の中から”たまたま手に取った”と、”そのページに気が付く”という条件が重なって、本当に驚く偶然、いや必然に、ただただビックリしました。


こんなことってあるんですねflair


その夜久しぶりにメールをして、近況報告をし合えたのでとても嬉しかったですsmile

アクティブに活動する彼女の刺激を、また受けることが出来て、素敵な偶然に感謝したのでしたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

写真講座・初級編@Happy Project

Happy ProjectさんのNさんからの案内で、昨日の写真講座に参加して来ましたnote

元々写真を撮るのが好きな私。
とは言っても、持っているのはコンパクトなデジカメオンリーですが、なんとか上手に撮りたいと常々思っていました。

プライベート写真はもちろん、ブログにも活かせるような素敵な写真を撮ってみたいshine
参加者の皆さんも、大好きな犬の写真やショップの写真を上手に撮りたいなど、撮りたいものは様々note


mame先生は、プロのカメラマンです。私たちに懇切丁寧にわかりやすく教えてくれました。

写真を撮るとは、”光”がとても重要であるということです。
これは、”色”を語る時も基本大事なことで、すごく共感を覚えました。

テクニックに偏るのではなく、撮りたいものと向かい合うこと、ストーリーを見つけること。そんな心構えのような、大事なコトを、初級編では教えてくれました。

ストーリーって大切heart02ここにもすご~く共感ですheart04
私もお客様と向かい合う時、その人のストーリーを大切にしたいなあと思っているから。。

皆で和気あいあいととてもリラックスした講座で、楽しめました。
先生、参加者のみなさん、ありがとうございましたhappy01

そうそう、この会でたまたま知人と遭遇してビックリしました~wobbly
こんなことってあるんですね~note


<参加者のみなさん:先生が写っていなくてごめんなさい!>
Photo


<途中、携帯のストラップを撮ることに夢中になっていましたsmile>
かわいいでしょっsmileバレエシューズheart01
Photo_2


<Nさんが焼いてくれたチョコレートケーキ、美味しかったですdelicious>
Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

パーソナルカラー講座@松山卸商センター様 3回目

今日はとても寒い日でした。
しかも風が相当強かったので、体感温度は更に冷たく感じたようです。

そんな今晩、「松山卸商センター様」のパーソナルカラー講座全3回の最終日でした。
新たにご参加頂いた方もいらして、嬉しく思いましたnote

最終日は、カラーコーディネートのお話と、ひとりひとりに、少ない色数ですが診断体験をして頂きました。

私にとっても、一時にたくさんの診断をさせていただく良い機会でした。
概ねSummerに相性の良さそうな印象の方が、多くいらっしゃいました。
とは言っても、肌の色、瞳の色、髪の毛の色は様々です。
人はそれぞれ、個性的なボディカラーを持っていると、つくづく思います。
なので、似合うカラーコーディネートも人それぞれにあるのです。

最後は時間が足りずに、30分ほど押してしまいました。また、シーズンごとの具体的なコーディネート提案が出来ず仕舞いだったことが、少し悔やまれますwobbly

それでも今回の講座で、改めて色の魅力に気が付いてもらい、印象を良く見せてくれる色があることを、まず知っていただけたと思います。


個性が輝く時代だからこそ、自分らしさにこだわって、色も扱って頂けたらと願います。


大変お世話になり、ありがとうございましたconfidentshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

久しぶりの再会☆

以前の職場の同僚であったNさんと、ほぼ半年ぶりに会いましたnote

というのも、彼女には彼女の夢があって、お友達と着々とその夢に向かって歩いているその場所で、また新たに始める講座の中にも、カラーを入れたいんだけど、という嬉しい相談でしたshine

女性向けとなれば、やはりパーソナルカラーを知って頂きたいshine
これは是非「似合う色」の魅力を伝えたいと思い、私の方からもお願いしましたhappy01

また詳細が決まったらブログでも紹介したいと思います。
そして、彼女たちの取り組みについても、改めて紹介したいと思いますflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

IKEBANA

お友達が今、熱心にお稽古している生け花の展示会に行ってきました。

会場は、特に女性のお客様で賑わっていました。

お友達と一緒にたまたま先生もいらして、先生の解説付きで会場の作品を観て回ることが出来ました。
まずは、何はともあれ、こちらの作品がお友達の生け花shine

Photo

「私ってがさつだから」と彼女は言うのですが、可憐な花と色みのまとまった作品は、観ている私には心地よく、可愛らしい彼女の一面を垣間見たようです。
私の知らなかった彼女の一面です。お稽古を初めて3年経つと言いました。継続のチカラは、素晴らしいなあと思います。
先生も褒めていらっしゃいましたhappy01


モダンな花材を使った斬新なものもあれば、野に咲く花の、控えめで小さくてもしっかりとした作品もありました。

印象的だったのは、「猫じゃらし」を使った作品を観ていた時の、先生の言葉です。

「これは1本ではだめで、根っこから株ごと持ってきて、根も綺麗に洗って根から生けるのよ」
「それで、終わったらまた土に返すの。そしたらまた咲くからね」

パンフレットに書いてあった「人と自然の素晴らしい共生」とは、このような心意気にも表れているんでしょうねshine
感動しましたheart02

咲く花や蕾の様子。あっちを向いたりこっちを向いたり。。。
枝ぶりの様子。葉の大きさや色合い。花器との美しいバランス。
そんなすべてに美意識をつぎ込んで生けられた花たちの、凛とした様子。

作品ごとの世界観、もっと言うと、生け花という素晴らしい日本の伝統文化に、”宇宙”みたいな大きな拡がりを感じたのでした。

小学生の作品もありました。
大人顔負けの堂々とした作品群です。
受け継がれる伝統とは、常に革新も必要なんだとも思いましたshine

明日も、「高島屋7Fキャッスルホール」で展示されていますよnote


素敵な出会いをありがとうございましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

温泉でリラックス

最近すっかり気に入った「そらともり」spaへ、午後から出掛けました。
交通の便がいいから嬉しいですnote

また岩盤浴で大粒の汗を掻いてデトックスス。その汗を、温泉で気持ち良く流しまた汗をあく。
水分も取って循環を良くしたら、肌の調子がほんの少し上向きになったようなsmile

リラックスして気持ちと身体をほぐす時間は必要ですねshine

そして今晩は、良い睡眠が取れそうな気がしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

ブランディング

最近知ったことで、なるほどと思った「ヒューマンブランディング」。

その意味は、自分をブランド化=価値化するということだそうです。


企業は独自の戦略を持って、他者との差別化を図ったり優位性を構築して、その企業のブランド=価値を、世の中に提供しています。

それを人に活用させて、社会から必要とされる人となろうと言う訳です。
この仕事なら、あの人にお願いしたい、あの人なら信頼がおける、などなど。。

技術や能力などが僅差であったとしたら、結局「人となり」がその人の価値を押し上げるというものです。

その様にして、「必要とされる」人になりたいな、と思います。
そして、Aprireが提供するサービスが、お客様にとって満足の得られる、またはそれ以上に、自分を改めて見つめいつでも変化を起こせるという機会となれば嬉しいと思ったのでした。


改めて、Aprireには提供したいサービスがあります。
そして、パーソナルカラーを軸に、皆さんの「なりたい」「こうしたい」自分像を一緒に作り上げたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

パーソナルカラー講座@松山卸商センター様 2回目

今日の講座は、パーソナルカラーの魅力についてお伝えしました。

本題に入る前に、2名の方の見た目の印象について、皆さんに伺ってみました。
2名の方を知る人も、知らなかった人も、遠慮がちに答えてくれました。

真面目そう、大人しそう、など、いろんな答えがありましたが、押し並べて印象というものは、大胆に違ったものを感じるモノではありません。

例えば、大人しそう、と見える印象が、「似合う色」を身につけることで、イキイキしてる、という印象に、キーワードが変わっていくかもしれませんshineそんな予感を感じます。


そんな風に、似合う色を身につけるメリットを、それぞれのカラーパレットの魅力を織り交ぜながらお伝えしました。
そして、各カラータイプにも、性格的傾向があるというお話しもさせて頂きました。

自分自身の印象と、かけ離れた色を身につけるというある種の荒技は、結構しんどいことですsmile

客観的な視点で自分を見つめ、改めて自分の魅力とは何かに気が付く。

新たな魅力アップ術であるパーソナルカラーで、自分らしい表現をしていただけたらと思います。


今日もお世話になりありがとうございました。また、お疲れ様でしたhappy01

いよいよ来週は、実際に体験していただいて似合う色の良さを実感して頂きますねnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

愛と胃袋

~愛と胃袋~

こんなタイトルの番組がある。
”Bshi、プレミアム8”が贈ってくれる、夢のように美味しそうな企画番組だ。

いかなる人と出逢い、何を食べ、どう感じ、どんな小説を書くのか。。。

4人の直木賞作家がヨーロッパの田舎まちを巡り、料理と人間を巡る短編小説が生まれる過程を取材旅行を通して描き、出来たてほやほやの原稿をそのままドラマ化してしまうという、文学的冒険に満ちた番組だそう。


旅、特にヨーロッパに強い憧れを持つ私には、心躍る番組だheart02

先週録画したのは、フランスのブルターニュ地方がその舞台だ。
ブルターニュというと、私には、塩とか蕎麦粉のクレープが浮かんでくるが、他にも、フランスでも一番に養殖が盛んな牡蠣、バターをたっぷり使うお菓子のクイニーアマンなど、何気に美味しい食材の宝庫みたい。


美味しい料理と、そこの土地の様々な人たちとの触れ合いを通してインスピレーションを得て、即興で出来るような小説って、すごくフレッシュで面白いnote

本場の風景などを見ながら本を読む感じで、愛と胃袋を満たすこの番組を、わくわくしながら楽しみたい。
秋にふさわしい楽しい時間だhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

読書づく

友達から借りた「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本が面白いsign01

話題になっている本でもあるらしい。

ドラッカー自体私は知らなかったから、もちろん読んだこともなかったが、難しいような印象を持ってしまうビジネス書をキーに、野球部の新人マネージャーが、落ちこぼれの野球部を甲子園へ連れて行く!と決め奮闘する本らしい。

テンポ良く始まったプロローグから引きこまれたhappy01

著者は、「AKB48」のプロデュースに携わり、遡れば、放送作家として、とんねるずやダウンタウンの人気番組の制作にもかかわったと言う、異色の経歴を持つ。

この新人マネージャーが、どうしても良くは知らない「AKB48」の誰かと重なるようなイメージが沸いてしまうのがなんとも苦々しいが、まだ読み始めたばかりのこの本の先行きが、とても気になって楽しみだup


同時に、他のビジネス書を読み進め、つい昨日にはまったく違った種類の1冊を読み終えているshine

読書はハマる。珍しく読書づいて、また秋の気候の良さも感じるbook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

秋の味覚☆

お友達が煮た栗の渋皮煮maple
Photo

栗の自然な甘みと、最後に入れたというブランデーの香りの相性が良くって、とっても美味しい渋皮煮。

こちらは、無花果のジャムmaple
Photo_2

甘さと、無花果のほんのりとした苦みがまた美味しいshine


さりげなくこんなお料理が出来ると、きっと普段の食事も美味しく作っちゃうんだと思いますhappy01

秋は、美味しいものがたくさんshine
胃袋と上手に付き合いながら、美味しいものを少しずつ食べる贅沢を味わいたくなりますheart02

Kちゃん、とっても美味しくって満足ですdeliciousnote
ありがとうございましたlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

ワインセラーで飲むワイン

昨晩友人と訪れたのは、知る人ぞ知るという、河原町にある山本酒店のワインセラーですshine

室温18度に保たれた、本物のワインセラーですlovely
どこを見てもワインの箱とワインがたくさん並んでいる訳で、宝の山なのですsmile
私たちはワインが好きという共通点があるから、もうそれだけでもワクワクですheart02

おつまみは300円台から手頃な値段で数種類ありました。
どれもきっと、ワインの美味しさを引き立ててくれるでしょうshine

グラスワインは、飲みたいボトルをリクエストすることも出来るし、先客が頼んで開けたワインを、グラスで頂くことも出来ます。

1杯7,500円という赤ワインがありましたwobbly
普通にワインバーなんかで飲んだらいくらになるの・・・?と、目も点ですhappy01

ふたりともすごく飲みたかったのですが、香りだけでも~!とお願いしました。が、さすがに聞き入れてもらえるものではありませんhappy01
だから、いつかは「今日はおごり!」と言いながら、そんなワインが開けられるよう、お互いお仕事をがんばろうと誓いましたsmile


私より随分年下と判った彼女は1児の母です。
仕事も持ち、松山と今暮らす街を行ったり来たり。
行動力とバイタリティがまず素晴らしいのですshine

お互い旅好きなので、そんな話題でも盛り上がりあっという間に深夜近くなっていましたbell
そして私たちの身体も、いい感じにひんやりcoldsweats01
貸してもらったジャンパーを着ていても、相当冷えます。
心なしか震えながら、お店を後にしたのでしたhappy01moon3shine

でも、お気に入りのお店になりましたnote
ワインはもちろん、おつまみもどれもが美味しかったですheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

メイクボランティア♪vol.4

毎月恒例となってきた、メイクボランティアも今回で4回目です。

今日は3階へお邪魔すると、私たち一人につき、3名のおばあちゃまたちが待っていてくれました。

とても物静かな上品な方、まるで宝塚の男役スターみたいなかっこいい風の方、そして最高に驚いたのが3人目の日本舞踊をしてきたというおばあちゃまです。

もう、年齢なんて聞くのは野暮だしと、お話を楽しみながらメイクをしていると、職員の男性の方が冷やかしにやって来て、「102歳だよ!」と言いました。
私たち二人は、「冗談でしょう?」と、ふざけた人だと思っていたら、なんと本当に102歳の方でしたlovely

杖を付かずに歩くし、背筋はしゃんとしているし、想い出話をするにしても、記憶がしっかりしている。。

ただただ驚いて、鳥肌が立って、102歳って何~!この若さは、どうして保たれているの~!と感嘆の言葉しか出ませんでしたflair

メイクが仕上がって鏡を見ると、これが私なの?と喜んでくれます。
活躍されていた頃の武勇伝が、なめらかに言葉となって流れ、おばあちゃまの腕も日本舞踊を踊りだす。
背筋が特にしゃんとして、目つきまでが変わって、活躍されていた頃の自分を取り戻したようheart02

メイクの力とは計り知れないものであると、つくづく感じた瞬間です。
女性はいくつになっても女性でありたい。

それは、80歳になろうが、100歳を超えようが、女性という性を受けたものには、究極の願いなんだと思ってしまいます。

長生きするのはとても楽しいことnote人生を何倍も楽しめるご褒美のような時間を、そのおばあちゃまに見ました。

今日もとても素敵な時間を頂いて、感謝していますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

パーソナルカラー講座@松山卸商センター様

松山卸商センター様にて、今日から3回に亘る「パーソナルカラー講座」が始まりましたhappy01

初めの回は、色の魅力を探ってみようと言う内容です。

身の回りに溢れているたくさんの色で様々な効果を表現できることを、探ってみました。
同じような色を組み合わた場合と、違った印象の組み合わせた場合で、表現出来ること伝えたいイメージは違ってきます。
また、双方を組み合わせて表現することで得られる効果もあります。

色が感情や心理に与える効果や、色が持つイメージも確認しました。

そんなことも踏まえて、後半、出題したキーワード「楽しい」「興奮」「かっこいい」で、それぞれの方が感じる配色をしてもらいましたflair


これには個性が露呈されますnote
「楽しい」配色に”白”を選んだ人は、白の自由というイメージを使ってくれましたshine
「興奮」の配色に”緑”や”青”を選んだ人は、好きな色だから、と言うことですshine
「かっこいい」配色に”ピンク”を選んだ人は、カッコイイ女性をイメージしたそうですshine

基本となる配色方法はありますが、自由にイメージしてもうらう配色は、なかなかユニークで楽しいものです。

ちょっと世界に目を向けると、国別で好きな色や、幸福な色、また未来の色などをイメージするとどんな色か、紹介させていただきました。世界的に見ても、鮮やかな青というよりは”青紫”が、好まれる傾向にあるようですよsign01


こうして色と無邪気に向かい合って見ると、色の魅力はもちろん、新たな自分自身を発見することもあると思います。
次回は、いよいよパーソナルに落とし込んで、また違った色の魅力を探っていこうと思います。

休み明けの初日にも関わらず、たくさんの方にご参加いただいて感謝しています。
どうもありがとうございましたconfidentshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

イベント参加inチャコットさん

チャコットさんのイベントに、Aprireも参加させていただきましたnote

東京からメイクアップアーチストの方もいらして、お子さんのシニヨンの作り方や、舞台メイクのレクチャーをされていました。
今回は大きなイベントであったようです。たくさんのお客様で、賑わっていました。


バレエはもちろん、フラダンスや社交ダンスと言った、ダンス全般に関わる、関われる商品を扱っていることに、正直最近まで知りませんでしたcoldsweats01
なので、いろいろなお客様がいらっしゃることに驚きました。


Aprireが提供したサービスは、もちろん、パーソナルカラー体験です。
美しさに敏感な人たちばかりです。
年齢も様々で、皆さんとてもイキイキされています。
きっと自分の好きなことに、夢中になって取り組み楽しめている証拠なのでしょうねshine
素晴らしいなあ、と刺激を受けましたheart02


皆さん、この機会を楽しんでくださいましたnote
舞台で映える色はとか、見た目の印象は大切ねとか、おうちが近所ね!とか、楽しく会話もさせていただきました。

喜ぶ人の顔を見るのは、やはり充実感いっぱい溢れてきますconfident
今日の体験が、皆さんに良い影響となることを、心から願います。

体験して下さった皆様、そして店長さん初めスタッフの皆さま、大変お世話になり、ありがとうございましたheart04


*デジカメをまたまた撮り忘れました。。。ごめんなさいwobbly

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

色彩教室@わかくさ珈琲のご案内

若草町のお堀の脇にある「わかくさ珈琲」さんで、「色彩教室」を開催します。

初回は、やっぱり”パーソナルカラーの魅力と、診断体験”という内容でお送りしますshine

詳細はコチラをご覧くださいshine
「vol.1.pdf」をダウンロード

お問い合わなど、Aprireまでご連絡頂いてもOKですよhappy01


色彩教室なので、”色”を軸にして、色々なテーマでやっていきたいと考えています。
もし、こんなことを知りたい!とか、アイディアのある方がいらしたら、教えてくださいね。

”色”を通して、皆さん自身と、生活全般に亘って、彩り豊かなカラーライフを送っていただけたら。。
色をキーワードに、皆さんと楽しめる教室を提供しますnote


□色彩教室 わかくさ珈琲cafe
●日時   10月24日(日) 14:00~16:00
●場所   わかくさ珈琲 松山市若草町2-10
●参加費 3,500円(珈琲&ケーキ付き)

●問い合わせ&ご予約  ・わかくさ珈琲 089(993)6945

または、Aprire榊原090(9803)6301、lovelettersa_sachimekko66@yahoo.co.jpまでお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

カラー診断とメイクセラピー☆10/8日のお客様

先日メイクセラピーを受けてくださったT様の、今日は2回目のメイクセラピーと、パーソナルカラー診断も受けてくださいましたnote

きっと、変わりたいshineという想いが、今強いんですねheartと会話しましたが、とても積極的に、客観的に自分を捉えて見ようとする気持ちが、素晴らしいなあと思いました。

先にカラー診断です。
お肌の色や瞳などの印象から、Autumn colorと、Spring color が導きだされました。
ということは、イエローベースの色が、断然お似合いになると言うことです。

Autumn color の、深くて豊かなカラーパレットの、ナチュラルな雰囲気を醸し出すベージュ基調の配色と、ゴージャスで華麗な配色の、どちらもお似合いになりますね。
本物志向のパレットで、大人のおしゃれをたくさん楽しんでくださいshine

そして、2回目のメイクセラピーは、前回の確認と、修正が必要なところなどを確認し、再度お互いで半顔メイクです。
更に明るく優しい印象を、職場で振りまいてくださいねshine

これらの機会が、T様の今後にとって、変化を起こす素敵なタイミングであるといいなと、心から思います。

楽しい時間を共有させていただいて、どうもありがとうございましたhappy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居心地の良いカフェ

人気のお店とは聞いていましたが、今日いや昨日初めて行った”カフェ クレマ”cafe

運よく、窓際のソファ席に座れました。
インテリアのセンスが素敵で、居心地がよくて、おうちのリビングで寛いでいるような気持ちになりました。

床を見ると、素敵なアンティーク風のタイルが敷いていました。
ブルーと、少しのグリーン。外を眺めても、店内を眺めても、そして床を見ていても飽きないなあと思いながら、久しぶりに会ったお友達と、おしゃべりを楽しみました。

珈琲も美味しかったですshine
Photo


Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

ランチ@SOHSOHー草草ー

知人たちとのランチ会に出掛けましたbell

「SOHSOH-草草-」さんを訪れたのは、2度目になります。
一度目は、お茶だけして帰ったので、食事は今回が初めてでしたclover


付き出しで出た、玉葱とパイナップルのジュースが、意外と美味でした。
香りがパイナップルで、後味は玉葱です。

1プレートに、7品ものお惣菜が盛られていました。
鶏そぼろとごぼう入り甘辛ポテト、大根とベーコンの黒コショウ炒め、サバと玉葱とパプリカの南蛮漬けetc..
あれっ、今更ですが、苦手なサバを平らげていたようですcoldsweats01

ご飯は、玄米ご飯と混ぜご飯が選べたので、私は玄米ご飯です。
本日のお汁の具材は、なすと水菜。
Sohsoh

ここまで完璧な美味しい優しいヘルシーランチshine
だけど、やっぱり最後はデザートとドリンクが欲しくなりますsmile
Sohsoh_2

豆腐のレアチーズケーキとカフェオレをチョイスして、今日のランチは更にパーフェクトnote
おいしかった~heart01

デザートまで頂いてもヘルシーでバランスの良いランチに、一同大満足です。
会話にもだいぶ花が咲いていたようですね。

皆さま、美味しく楽しい時間を、ありがとうございましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

”黒”の魅力

黒は、私には基本似合わない色である。

数年前は、とりつかれたように黒ばかり着ている時期があった。
たくさんの色があろうとも、黒を選択してしまう。

重苦しい色ではあるが、カッコイイ色でもあり、後者の性格に依存していたのかも知れない。

黒は、素材やデザインが変わると、時に軽さを演出もしてくれる。そこに少しの救いを求めていたのだろう。


黒から離れようと努めてきたのに、何故なのか私の中にまた”黒好き”が浮上してきてしまった。
気になって仕方がない。


ふと気が付いた。
黒はすべての光を吸収する色。
光には七色が含まれていて、すべての色を内包している。
その光をすべて吸収しているということは、黒はすべての色を持っているのだ。

素知らぬふりをして、無彩色の”黒”を装っているが、すべての色も持つ完璧な色なのだ。


今更かも知れない。。
そこに、”黒”の本来の魅力があるのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

1日体験カルチャー教室☆

砥部町文化会館にて「1日体験カルチャー教室」を行いますnote
http://www2.ocn.ne.jp/~tobe-bun/tobebun_003.htm

まだ引き続き募集をしていますので、ご興味のある方は是非ご参加ください!
また、当日参加でも可能ですよ。


チラシでは伝えきれていませんが。。。

体験教室では、似合う色の傾向を探るドレーピング体験と、似合う色のメイク体験、また自分の魅力を再発見する「パーソナルカラー講座」がどのようなものか、お伝えしますheart01

最近、何かと話題のパーソナルカラーshine

似合う色が、仕事で、プライベートで、そして婚活ももちろん就活でも役立つものであることを知ったら、もうあなたの魅力は全開ですheart04
色使いで出来る「自分らしさ」作りを、皆で一緒に楽しく体験してみませんかsign03

魅力アップにフォーカスする教養講座と捉えて頂ければと思います。

皆さんのご参加を、お待ちしていますhappy01


砥部町文化会館「1日体験カルチャー教室」
●日時  10月31日(日) 10:00~12:00
●場所  砥部町文化会館 2F 会議室1 A面
●体験参加費 2,000円
●申し込み&お問い合わせ  砥部町文化会館窓口 
                   089(962)7000


                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

呼吸する和紙の魅力

えひめイズムで開催されていた、内子町の和紙工房「wazm」さんの展示会に行ってみました。

夏に初めて作品に出逢って以来、久しぶりに実物を拝見して、やっぱり素敵だなあと思いました。


内子の美しい自然からインスピレーションを受けるというその作品は、風がそよぐように繊細で、どこにもないようなオリジナリティも感じます。

面白いのは、その和紙は「呼吸する」のだそうです。様々な試行錯誤の開発を経て完成された、人と空間にも優しい作品です。

和紙の優しい”白”は、質感とともに空間を柔和な印象に作り上げてくれます。
モビールを天井からぶら下げて置くのもいいですね。
そこへ、アロマオイルで香り付けすると、自然な心地良い香りが微かな風によって、空間に運ばれそうです。


私もいつか、素敵なオリジナル作品を購入したいと思っています。

とても素敵な作品でしたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »