« 中庸と寛容 | トップページ | なんだか、すごく嬉しい出来事♪ »

2010年8月 3日 (火)

百日紅の木

8月の花の時期がくると、以前の姿がまるで嘘のように、可憐な花を咲かせる、百日紅。
ピンクや白の、小さくて可憐な花が、私にひとつの夏を運んでくる。

真っ青な空を背景にして観るのが好き。
ピンクが余計に映えるから。
そう言えば、以前暮らしていた街の、白いタイル張りのマンションの入口に大きな木があって、私の夏を楽しませてくれていたっけ。

近所の通りの街路樹にもあって、自転車で走る時、爽快な気分になる。

蝉も強烈に鳴き出すし、8月に入って益々気温も上がるし、自転車で走っているだけで、黒くなっている自分がいる。
日焼け対策をもっと真剣にやっとけばよかった~、なんて思うけれど、案外日焼けする夏も好きなのだ。

しばらく百日紅の夏を、楽しむことにしよう。

|

« 中庸と寛容 | トップページ | なんだか、すごく嬉しい出来事♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309480/36016289

この記事へのトラックバック一覧です: 百日紅の木:

« 中庸と寛容 | トップページ | なんだか、すごく嬉しい出来事♪ »