« あっという間の1週間 | トップページ | シルキーなシルクエビス »

2010年2月28日 (日)

”薄暮”の時間

「18時過ぎの薄暮がきれいなんですよshine

と、いつものカフェのオーナーが言った。

薄暮・・はくぼ・・・。

なんて、素敵な奥ゆかしい言葉なんどろうと、ハッとした。

いつもの席から振り返ると、西側の空がだんだんと夕暮れていくnight

澄んだ空が、淡い空色から淡いオレンジ色へと変化していく。

お堀の水面に空飛ぶ鳥の姿が映る。水際に咲いた梅か寒桜の花の色が濃くなっていく。

「薄暮」

春近い時間の移ろいがとても穏やかで、気持ちがふと軽くなる、そんな響きにしばし酔ってみた。

時々顔を合わせるお客さんたちと、なんとなく同窓生風の、大人の穏やかな会話が流れた、2月の最後の日だったconfident

|

« あっという間の1週間 | トップページ | シルキーなシルクエビス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309480/33575582

この記事へのトラックバック一覧です: ”薄暮”の時間:

« あっという間の1週間 | トップページ | シルキーなシルクエビス »